渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

マツエクは付け足していけばいい?リムーブが必要な理由

マツエクをしようと考えている人は、リムーブについて正しい知識を付けておきましょう。そうすることで問題を回避でき、メリットもあります。今回はまずリムーブとは何かを紹介し、その後に必要性についても説明します。

マツエクのリムーブってなに?

リムーブとは専用の薬剤でグルーを軟化させてマツエクを全て外すことで、「オフ」と呼ぶこともあります。マツエクを付けるときは、根元にグルーという接着剤を塗ってまぶたに固定させます。そのため、外そうとして強引に引っ張ると、まぶたや周辺の地まつ毛を傷めることになるので注意しなければなりません。オイルタイプのクレンジング剤を使うと外せる場合もありますが、グルーはとても強力なので効率が悪いですし、完全に取り除くのは困難です。そこで必要になるのがリムーブというわけです。グルーを十分に軟らかくすることで、マツエクを外す際にまぶたや地まつ毛に与えるダメージを最小限に抑えられます。

マツエクを付け足すことによって起きる問題

マツエクを付け足すことをリペアと呼びます。装着して数週間たつと、地まつ毛のヘアサイクルや時間経過によるグルーの劣化により、マツエクとまぶたとの間に緩みが生じることがあります。それによって浮いたり外れたりするので、元の状態に戻すためにリペアを行うことが多いです。きれいな状態のマツエクはそのまま利用します。つまり、残ったマツエクをそのままに不足分を付け足すだけなので、最初に付けたときよりリーズナブルであるのが特徴です。しかし、マツエクが外れた部分に古いグルーが残っている場合があります。そこに重ねて付けるとダマになることが少なくありません。持ちが悪くなったり衛生的によくなかったりする面もあるので要注意です。

リムーブをすることで得られるメリット

リムーブしてから付け直すことで、マツエクが長持ちするようになります。いったん古いマツエクとグルーを完全に取り除くことによって、新しいマツエクをしっかりと固定できるようになるからです。古いマツエクと新しいマツエクが混在していると見た目も不自然になりがちです。リムーブをして全て新しいマツエクに変えたほうが、きれいな目元が続きやすくなります。また、繰り返し付けているうちに、マツエクと地まつ毛の間にメイクやほこりなどがたまっていきます。リムーブすることで、マツエクやグルーと一緒にそのような汚れも取り除けるので、清潔な状態が長持ちしやすくなることも大きなメリットです。

リペアとリムーブをバランスよく使おう

リムーブすることにメリットがあることが分かっても、頻繁に行うのは経済的につらいという人も多いのではないでしょうか。経済的かつ衛生的であることを望み、持ちも良くしたいと考えるなら、リペアとリムーブを上手に使い分けると良いでしょう。何度もリペアを繰り返していると、衛生面や持ちに問題が生じる可能性が高くなっていきます。言い換えると、何度も繰り返さないのであれば、リペアだけでも良い仕上がりになることを期待できるでしょう。生活習慣や地まつ毛の状態によって、リムーブをしたほうが良い期間は異なります。リペアを1回したら次はリムーブするなど、バランスよく使っていくと良いです。

マツエクは定期的にリムーブしよう

洗顔など生活の仕方に気を付けることで、マツエクを持続させやすくなります。しかし、いくら気を使っていても、それだけでは美しい状態を保ち続けるのは困難です。メンテナンスのつもりで定期的にリムーブする必要があると考えておきましょう。とはいえ、リムーブとリペアのどちらをすべきか自分では判断できない場合もあるでしょう。ダイヤモンドラッシュであれば、アイリストと相談しながら決められるので安心です。マツエクやまぶたの状態をしっかり確認したうえで、どうするのが最も良いかアドバイスをしてくれます。マツエクを初めてする人は、そのような安心できるサロンを選ぶことが大切です。