渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

教えて!マツエクにオイルクレンジングはNG?

マツエクをつけたときに気になりやすいのがメイクの落とし方です。特に、なぜオイルクレンジングを使ってはいけないのかを知りたいと思うのではないでしょうか。今回はマツエクと油分の相性が悪いことやその理由を紹介し、洗い方のポイントについても解説します。

相性が悪い?マツエクとオイルクレンジング

油分が含まれている化粧品は、普通に洗顔をしただけではなかなか落ちません。オイルクレンジングの油分は、化粧品の油分を溶かしてくれるのでメイク落としの際に愛用している人は多いでしょう。しかし、マツエクをつけている人はオイルクレンジングを控えたほうが良いです。なぜかというと、エクステの際に使うグルーと呼ばれる接着剤の成分も油分で、両者の相性が良くないからです。オイルクレンジングを使用すると、マツエクとまぶたの間のグルーを分解してしまいます。
その結果、接着が弱まって取れやすくなってしまうのです。一度使っただけでは取れないことが多いですが油断してはいけません。使い続けるとしだいに接着力が弱まっていき、向きがおかしくなったり毛束がバラバラになったりして、多くの場合は数日で取れてしまいます。したがって、基本的にはオイルクレンジングは使わないようにしましょう。

オイルNGはクレンジングだけじゃない?!

オイルクレンジング以外にも、基本的に油分が入っているものは使わないほうが無難です。たとえば、化粧水や乳液のようなスキンケア用品でも油分が入っているものは少なくありません。もしそのタイプを使うのであれば、目元に触れることを避ける必要があります。メイク落としのときはマツエクに気を使う人でも、保湿や美白などのスキンケアでは意識が疎かになりがちなので気をつけてください。
クレンジングにはジェルタイプやクリームタイプなど、さまざまな種類があります。どのタイプであっても、油分が入っていると、マツエクのグルーが溶けてしまうので注意しなければなりません。したがって、スキンケア用品やクレンジングは、購入する前に成分をしっかりと確認することが大切です。商品のパッケージやメーカーの公式サイトで「マツエク対応」と書かれてあるものを選びましょう。

重要なのは洗い方!クレンジング・洗顔方法

クレンジングや洗顔の方法に気をつけることも、マツエクを長持ちさせる重要なポイントです。接着している部分に触れないように注意しながら、力を入れすぎずに丁寧に洗いましょう。手でゴシゴシこすると、摩擦によってマツエクが引っ張られるので取れやすくなります。コットンやシートを用いる場合も同様です。雑に扱うと、マツエクが繊維と絡まって引っ張られてしまいます。なるべく繊維の細かいものを使って優しくふき取るようにしてください。
また、すすぐときに熱めのお湯を使わないことも大事です。汚れが落ちやすい分、グルーも外れやすくなってしまいます。さらに、シャワーの勢いによって取れる場合もあるので要注意です。水またはぬるま湯を両手ですくって、顔を包むようにして洗い流しましょう。洗い終わったら、濡れたままで放置してはいけません。コームなどで毛流れを整えてから、冷風のドライヤーでしっかり乾かすと良いです。

オイルフリーのクレンジングを選ぶことが長持ちの秘訣

マツエクをつけたら、できるだけ長持ちさせたいと思うでしょう。しかし、つける前と同じようにメイク落としをしていると、すぐに取れてしまうかもしれません。クレンジングの選び方や方法に気を使うことによって、マツエクが取れるまでの期間を伸ばせます。そこでポイントになるのは、グルーの接着が弱くならないように常に気を使うことです。マツエクはオイルに非常に弱いことを意識しておく必要があります。クレンジングに含まれる油分が、グルーの天敵であることを覚えておいてください。きれいな状態を長く保ちたいのであれば、オイルフリーのクレンジングを使用しましょう。