渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

初めてのマツエクサロン!コンタクトやメイクはどうすればいいの?

マツエクをしたことがある人なら気にならないことでも、初めての施術だと不安や気になることはたくさんあるものです。マツエクに興味はあるものの、システムが分からずに戸惑っている人も少なくありません。そこで今回は、施術のときにコンタクトはそのままで良いのか、またメイクはどうするべきかわかりやすく解説していきます。

コンタクトを付けたまま施術を受けるリスク

視力が低下している人にとってコンタクトレンズや眼鏡は必須アイテムです。できればコンタクトをつけたままマツエクしたいと考える人も多いのではないでしょうか。しかし、コンタクトをしたままで施術を受けるとなると、さまざまなリスクが伴います。眼に負担がかかるだけでなく、かゆみや充血など深刻なトラブルにもつながりかねません。コンタクトやカラーコンタクトをつけるのが習慣になっている場合でも、眼の健康を損なわないために外してから施術を受けることが大切です。また、コンタクトの種類によっても起こり得るリスクが異なるので、自分が使っている種類で考えられる具体例を見ていきましょう。

コンタクトの種類別!怖すぎるリスクをご紹介

ハードコンタクトを使っている人の場合、まぶたに施術者の手が触れてコンタクトがずれることがあります。また、施術中に目を押さえられたときにコンタクトがかけてしまい目に傷がつく可能性も考えられるでしょう。瞳やまぶたに傷がつくことで、失明や感染症のリスクも高まるのでとても危険です。安心して施術を受けるためにも、必ずコンタクトは外すように心がけましょう。ソフトコンタクトは、ハードタイプに比べるとかけてしまうリスクが少ないと言えます。しかし、マツエクで使用するグルー(接着剤)との相性が良くないとレンズが溶けてしまうことがあります。そうなれば、目に与えるダメージも深刻でひどい痛みを伴うことも考えられます。

「すっぴんで行かないといけない」のはホント?

マツエクはしたいけれど、すっぴんでお店に行きたくないと思っている人も多く見られます。しかし、すっぴんでお店に行っても施術は可能です。ただし、施術前に必ずアイメイクを落としておく必要があります。メイク落としに含まれる油分がグルーの接着力を弱めてしまうこともあるので、きれいな仕上がりを目指すためにもマスカラやビューラーなどのアイメイクはしないでお店に行きましょう。ファンデーションやチークをしていても問題ありませんが、施術のためにテープを貼ることもあるので、メイクが崩れることを覚悟しておく必要があります。

サロンへ行く前にホームページをチェック

マツエクの施術前にコンタクトを外さなければいけないので、コンタクトを入れる容器を用意してくれるサービスがあるかどうか問い合わせておきましょう。また、容器が準備されている場合でも、再び装着するときに時間がかかってしまうこともあるので念のため眼鏡も準備して行くと安心です。施術前の準備や施術後のメイク直しができるスペースがあるかどうかも確認しておけば、快適にサロンを利用することができます。気になることや不安なことがあれば、ホームページの店舗情報をチェックしたり気軽に電話で問い合わせたりしてみましょう。

コンタクトを付けたままの施術は危険!

コンタクトを付けたままでマツエクをするということは、目に深刻なダメージを与えるリスクが伴います。具体的なリスクを知っておくことで、コンタクトを外す重要性が理解できるのではないでしょか。また、メイクをしたままで施術ができるかどうかなど、気になることは事前にサロンへ問い合わせてみることがポイントです。マツエクができるアイサロン「ダイヤモンドラッシュ」では、初めてマツエクをする人でも安心して利用できるように丁寧な説明を心がけています。衛生面や技術面など、気になることをしっかりと理解したうえで利用できるのが魅力です。定期的にメンテナンスに通う場合、お得な会員制料金で利用できるのでリーズナブルにマツエクを続けることができます。また、マツエクだけでなく眉毛メイクにも対応しているので、ひとつのサロンでアイゾーンケアを済ませたい人にも人気です。