渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

マツエクのオフはした方がいいの?オフの方法や必要性を徹底解説!

目元を大きく華やかな印象に導いてくれると評判のマツエク。しかし、マツエクをした後に、「オフをする必要はあるのか」という疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。ここではマツエクをオフする方法をはじめ、必要性やメリットについて解説します。

リペアだけはNG?マツエクをオフする必要性とは

時間の経過とともにマツエクが外れてくると、そのマツエクが外れた部分にリペアを行い、状態を維持させるケースが多く見られます。リペアは美しい目元をキープするために大切なものですが、マツエクを安全に楽しむためには、定期的にオフを行うことが望ましいと考えられています。地まつ毛にグルーが長期間残っていると、ホコリや汚れなどが付着する原因につながります。そして、そのホコリや汚れにより目元が不衛生な状態になると、思わぬ眼病を引き起こすリスクがあるのです。こうしたトラブルを未然に防ぐためにも、マツエクはリペアとオフを交互に行うことがおすすめです。

目元はデリケート!マツエクを自分でオフすることは危険!

マツエクは自分でオフを行うための専用リムーバーがネットなどで販売されていますが、目元はとてもデリケートなため、自分でオフすることは避けた方が無難といえます。マツエクを付ける際に使用するグルーは強力な接着剤であり、それを落とすには強力なリムーバーが必要です。市販のリムーバーはプロ仕様のものに比べると刺激が弱いとはいえ、万が一目の中に入ってしまうと、非常に危険です。それに、マツエクはリムーバーを使って1本ずつ丁寧に外す必要があります。他のまつげにリムーバーが付着しないように、慎重に1本1本をオフしていくとなると、かなりの時間と手間がかかってしまうでしょう。また、マツエクをセルフオフする際は片目で確認を行いながら処理をすることになりますが、片目だけだとマツエク部分が見えづらかったり、処理を行いにくかったりする場合があります。それに加えて、オフをする際にマツエクが取りにくいからといって、無理にはがそうとしたり引っ張ったりしてしまうと、まつ毛を傷めてしまうおそれがあるため注意が必要です。マツエクは専用リムーバー以外にも、美容オイルを用いてオフを行うというやり方も存在します。マツエクの装着に使用するグルーはオイルの成分に弱いという特徴があるため、美容オイルをマツエクとまつ毛の間に浸透させることで、マツエクが外れやすくなると考えられているのです。ただし、美容オイルなどでオフをするにしても、きれいにマツエクを取り切れるという保証はありません。もしもマツエクをきちんと取り切ることができなかった場合、まつ毛を傷める原因につながってしまいます。このように、自分でオフを行うことはさまざまなリスクが存在するため、おすすめできません。デリケートな目元を危険にさらさないためにも、マツエクをセルフオフすることは避けた方が良いでしょう。

マツエクのオフはサロンで行うと安心!

安全にマツエクをオフするには、サロンでプロに施術を任せることがおすすめです。サロンなら、プロのアイリストが丁寧にオフを行ってくれます。サロンではプロ仕様の専用リムーバーを使うため、グルーの落ちも良いというメリットがあります。サロンで丁寧にオフをしておくことで、次に付けるエクステがきれいに装着しやすいということも、大きな魅力でしょう。目元や眼球は非常にデリケートな部位であり、安易に自分でオフすることは危険です。目元のトラブルを引き起こさないためにも、マツエクのオフは美容師の国家資格を持つプロにしてもらいましょう。

定期的にマツエクをオフして清潔な目元をキープしよう!

マツエクをオフすることは、マツエクの美しい状態を維持するためだけではなく、目元の衛生面を考えたときにも必要なものだと考えられます。定期的にマツエクをオフする習慣を身につけることで、清潔で魅力的な目元を目指しやすくなるでしょう。