渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

マツエクの上からマスカラはOK?塗るときに気をつけたいこと

マツエクで期待できるのは、ナチュラルにボリュームをアップさせる効果です。ですが、ナチュラルメイクならマツエクだけで十分でも、濃いめのメイクにはちょっと物足りなさがあります。そのうえからマスカラを塗っても大丈夫なのか、不安になりますよね。そこでマスカラは、マツエクの上からでも塗ってOKなのかを解説します。

マツエクをしてても、エクステ専用マスカラならOK!

マツエクをしていても、マスカラは使えます。エクステ専用のマスカラは、エクステをしたまつ毛に負担がかからないような成分を使っています。まつ毛エクステ専門店で購入できるので、マツエクをした際に問い合わせてみてください。クレンジングを使わなくても、洗顔だけで落ちるマスカラを選ぶと、まつ毛に負担がかからないのでおすすめです。マツエクが取れるかもしれないというストレスもありません。

通常のウォータープルーフタイプのマスカラだと、落とすときにオイルクレンジングやポイントリムーバーが必要です。クレンジングがまつ毛に負担をかけ、マツエクがとれる原因にもなります。濃いメイクをしたいときはウォータープルーフのマスカラを使いたくなるところですが、マツエクをしている人は使用を控えましょう。

マツエクの上からマスカラを塗るときは、ビューラーNG

マツエクをしているときには、マスカラの塗り方にも気をつけましょう。マツエクをしていないときと同じようにマスカラを塗ると、せっかくのマツエクの効果がなくなることがあります。まつ毛をカールさせるためにはビューラーが必要不可欠ですが、マツエクをしているときにはNGです。マツエク本来のカールが曲がってしまい、元に戻らなくなることがあります。また、マツエクが引っ張られて、持ちが悪くなることもあります。ビューラーを使わなくてもいいような、ナチュラルメイクがおすすめです。まつ毛に負担をかけないように、落とすときになるべく負担のかからないような塗り方をするのも大切です。ごしごしと落とさなくてもいいように、なるべくまつ毛の根元をはずして、毛先中心にマスカラをつけるようにしましょう。

ボリュームの物足りなさは、マツエクのデザインが合わないから?

マツエクは、まつ毛のボリュームをアップさせ、自然に印象的な目元に仕上げるためのもの。濃いめのメイクでなければ、マスカラなしでも自然にぱっちりとした目元を演出できます。まつ毛のボリュームがアップしているはずなのにどこか物足りなさがあるなら、マツエクのデザインが合っていないからかもしれません。マツエクは、まつ毛のボリュームや目の形に合わせて、材質やエクステの量、長さを調節するものです。単純に量や長さを増やすだけでは、自分に合ったデザインにはなりません。自分に合うデザインは人それぞれ。奥二重と二重、一重では全く目元の印象が変わりますし、まぶたの厚みによっても合うデザインが異なります。濃いめのメイクではなくてもマスカラが必要だと感じたなら、アイリストに相談して、自分に合ったデザインを見直すことをおすすめします。

マツエクをしたら気をつけたいこと

エクステ専門のマスカラであれば、マツエクにも使えます。ですが、マスカラを塗るということはマツエクを触るということと同じです。マツエクをつけたまつ毛はとてもデリケートなもの。指で強くひっぱったり不用意に触れば、マツエクが落ちたりずれたりします。指ではありませんが、マスカラを塗るのもまつ毛を触ることと変わりません。マツエクは専用ののりでしっかりとまつ毛にくっついているように見えても、まつ毛には負担がかかっています。ごしごしと塗ったり、たっぷり繊維をからませるようにして塗ったりすると、さらにまつ毛に負担がかかりやすくなります。クレンジングに時間がかかるような、しっかりとした塗り方もNGです。エクステ専用マスカラを使っていても、マツエクが落ちたりずれたりしないような塗り方に気をつけましょう。水やお湯だけで落ちるタイプのマスカラは、まつ毛に負担がかかりにくいのでおすすめです。