渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

目が細いのがコンプレックス!少しでも目を大きく見せる方法とは

一重まぶた、二重まぶたに関わらず、目が細いと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。しかし、少しの工夫で目を大きく見せることは可能です。目の細い人が目を大きく見せる方法や、メイクをする際のポイントを紹介します。

どうして目が細く小さく見えるの?ポイントが知りたい

目が小さく見えてしまうのには、いくつかの理由があります。最も大きなポイントは、一重まぶたであるということです。一重の場合、二重と比べると縦の幅は小さくなるため、目が細く見えてしまいます。奥二重の人でも、まぶたの皮膚が厚く腫れぼったい場合には、目が細く見えることが多いです。また、黒目が小さい「三白眼(さんぱくがん)」は、目が細くなる原因であるといわれています。しかし、実際には、日本人の黒目の大きさにほとんど差はありません。
まぶたをあける力の差も影響します。まぶたをあける力が強い場合には黒目が大きく見え、まぶたがあいているため目そのものも大きく見えます。反対に、まぶたをあける力が弱い場合には、黒目が小さく、目も小さく見えるのです。
さらに、目の細さを左右するポイントは、目の下の涙袋にもあります。涙袋がなく下まぶたが平らであることも、目が細く見えてしまう原因の1つといえます。涙袋があることによって、目元に立体感が生まれるため、目が大きく見えます。涙袋を含め、目元のメイクで目を大きく見せる努力をしている人も多いのではないでしょうか。
ただし、メイクの方法も間違えてしまうと目を細くしてしまう原因になるのです。目を大きく見せるために、囲み目メイクを取り入れている人も多いでしょう。しかし、囲み目メイクは、目のふちを強調するメイク方法なので、場合によっては細い目を強調することになります。メイクの方法1つにも、注意が必要です。
くわえて、度が強いレンズのメガネをかけている人は、目が細く見えてしまう可能性があります。度が強いと、レンズが厚くなることが特徴です。厚いレンズは屈折率が低くなり、目が細く見える原因になります。

少しでも目を大きく見せる工夫とは

細い目を少しでも大きく見せるためには、工夫が必要です。度の強いメガネを利用している場合、メガネをやめてコンタクトにするだけでも、印象は大きく変わります。使用するコンタクトも、黒目のふちを強調するカラーコンタクトを使用すると、目元を強調できるでしょう。さらに、目元を強調する方法として、前髪を作るということも有効です。目のうえや、アイメイクをする人はビューラーであげたまつげのうえで前髪をそろえると、目元を強調する効果が期待できます。また、まぶたの筋トレをして、まぶたをあける癖を付けるという方法もよいです。眼球を上下左右に動かすだけでもまぶたの筋肉を使うため、筋トレになります。ほかにも、メイクの方法を変えてみる工夫も必要です。

目を大きく見せるメイク方法が知りたい

アイメイクは、囲み目メイクを工夫することがポイントの1つです。目がしらや目尻のラインを意識して、左右にも大きく見せるメイクになるよう工夫をする必要があります。黒目を強調するために、下まぶたの中心にアイラインを引きましょう。ペンシルタイプを使用し、最後にぼかすことで自然な目元に仕上がるのです。涙袋がない人はハイライトで書く、もしくは二重を作るためのテープを貼り、涙袋を作るという方法もあります。また、マスカラは2度塗りし、まつ毛を長く見せることも重要です。まつ毛をあげてマスカラで強調することは、目を大きく見せるための最も簡単な方法でもあります。

コンプレックスを克服したい!まつ毛にこだわってみるのもおすすめ

目が小さく見える人は、メイクの工夫によって目を大きく見せることができます。メイクの中でも、まつ毛にこだわることが大切です。しかし、毎日アイメイクをすることに大きな時間をさいたり、精神的な負担になったりすることもあります。さまざまな負担を感じた場合には、マツエクを付けることが有効です。マツエクをすることで、メイクをしていない場合でも目を大きく見せる効果が期待できます。細い目を自然に大きく見せるだけではなく、時間と気持ちに余裕が生まれることにつながるでしょう。