渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

要注意!マツエクをしている時の化粧の落とし方

マツエクをつけると、これまでどおり化粧を落として良いのか疑問に感じることもあるでしょう。間違った方法で落とすと、マツエクが取れてしまうこともあるので注意が必要です。そこで今回は、マツエクをしているときの化粧の落とし方について紹介します。

マツエクにはオイルクレンジングが使えない?

油分を含んでいるアイメイクは、普通の洗顔料だけではなかなか落とせません。オイルクレンジングを使えば、油分を溶かしてくれるのでスムーズに落としやすいです。ところが、オイルクレンジングが作用するのはアイメイクだけではありません。マツエクのグルーにもダメージを与えてしまうのです。グルーはまぶたにマツエクを固定するための接着剤であり油分でできています。オイルクレンジングを使うと、グルーまで溶かすことになるので注意しなければなりません。
そのような事態を避けるには、水溶性のオイルフリータイプのクレンジングを使うのがおすすめです。こちらはドラッグストアなどにも売られていますが、どれが良いのか判断できないかもしれません。そこで、間違ったものを選ばないようにサロンで売られているものを使うのが得策です。使い方を質問すれば、詳しくアドバイスしてもらえるでしょう。

顔に使うクレンジングにも注意

アイメイクに使うクレンジングだけでなく、顔全体に使うクレンジングにも注意しなければなりません。ファンデーションやチーク、リップグロスなど、いろいろな化粧品を使っていると、強力なオイルクレンジングを使用して一気に落としたくなるのではないでしょうか。特にウォータープルーフの化粧品を使っている人は、オイルクレンジング以外では洗浄力が弱いと感じる可能性があります。とはいえ、顔全体に使ったオイルクレンジングが目元に付いてしまうと、やはりマツエクにダメージを与えることになってしまいます。
そこで重要になるのは、目元に触れないように慎重に洗うことです。アイメイクを落とすときは、目元専用のリムーバーを使うようにしましょう。ポイントメイクリムーバーやポイントメイクアップリムーバーと呼ばれることもあり、オイルフリータイプでも強力な洗浄力を期待できます。

マツエクをしている時の正しい洗顔方法

洗顔方法についても、正しい知識を身に付けておきましょう。マツエクをつけても、グルーはすぐには硬化しません。内部までしっかり固まるには数時間かかります。したがって、施術を受けてから数時間は洗顔するのを避けて、目元に水が付かないように注意してください。完全に固まった後ならぬれても構いませんが、固まる前は湿気や汗などが付着するだけでも外れやすくなってしまいます。また、いつもソフト洗顔を心がけて、こすらないようにすることも大切です。マツエクとの間に強い摩擦が生じると、外れたり折れ曲がったりする恐れがあります。
アイラインはマツエクとまぶたの接合部付近に引くので、落とすときは細心の注意を払わなければなりません。コットンや指で落とそうとすると接合部に触れてしまう可能性があるため、綿棒を使うようにしましょう。なるべく細い綿棒のほうが落としやすいです。

マツエクをしている時のクレンジングには要注意

せっかくマツエクをつけたのであれば、できるだけ長持ちさせたいと思うでしょう。どれだけ素敵な目元になっても、不注意ですぐに取れてしまうと台無しです。取れにくくするために大切なのは、クレンジングや洗顔に注意することです。一般的には、施術後にサロンのスタッフが、具体的な方法や注意事項を説明してくれます。しっかり聞くのはもちろんですが、不安なことがあれば質問することも重要です。そのため、顧客に寄り添ったフォローの手厚いサロンを選ぶのも一つの手です。ダイヤモンドラッシュは一人ひとりと真剣に向き合うオーダーメイドサロンであるため、マツエクを長持ちさせる方法について詳しくアドバイスしてくれるでしょう。