渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

マツエクが痛い!?原因と解決方法

マツエクをつけた直後はウキウキ気分だったのに、気がつくとなんだかチクチクとしたり、違和感があったりと痛みに悩まされたことがある人もいるかもしれません。せっかく施術したマツエクなのに、痛みなどがあると憂鬱になってしまいますよね。そこで今回は、マツエクが痛い原因やその解決方法について紹介します。

基本的にマツエクで痛みは感じない!

マツエクをしている人の中には、マツエクをつけている以上、痛みを感じることは仕方がないことだと思って我慢してしまっている人もいるかもしれません。実は、基本的にマツエクをしたからといって痛みを感じることはないはずなのです。すなわち、マツエクで痛みを感じているということは、なんらかの問題がある可能性があります。マツエクは、しっかりと問題なく施術がなされていれば違和感や痛みは出ません。しかし、マツエクを施術してくれるアイリストの腕しだいでは、目の痛みが出てしまうこともあるでしょう。痛みを放っておくと、知らず知らずのうちに皮膚や眼球を傷つけてしまうことになります。もしも、マツエクの施術後に痛みを感じるようになったという人は、そのままにしないように注意が必要です。

なぜ?マツエクが痛い原因

マツエクが痛い原因の一つには、アイリストの技術力や経験不足などが考えられます。通常エクステは、根元から2mmほどの位置につけるのでまぶたには触れません。しかし、経験の少ないアイリストの場合には距離感がつかめず、まぶたの皮膚にマツエクが刺さってしまうことがあるのです。また、装着距離が近すぎることで目を開閉する度にまぶたに触れてしまうこともあります。場合によっては、エクステや固まった接着剤が目の中に入って傷がついてしまっていることもあるので、痛みを感じるときには注意するようにしましょう。
いずれの場合も、技術力のあるアイリストであれば通常は起こらないことです。マツエクの予約をする際には、経験のあるアイリストを指名するなどの対策をとるといいかもしれません。また、痛みを感じる原因として、マツエクの接着剤が合わないということも考えられます。施術中の段階で痛みを感じるようであれば、すぐにアイリストに伝えるようにしましょう。また、施術後、接着剤が乾くまでには数時間かかる場合がほとんどです。施術後すぐには入浴しないなど、サロンから指示されたルールはきちんと守りましょう。その他、就寝時にエクステ部分が枕などに当たっていると、クセがついて目やまぶたに食い込んでしまう原因にもなります。寝具でうっかりクセがついてしまわないように気をつけてください。

痛みを感じたら早急にはずそう!

痛みを感じた場合、少し様子をみようとしばらく放っておく人もいるかもしれません。しかし、そのままにしておくのは目にも皮膚にもよくありません。目に傷が入っている場合には、そこから菌が侵入して病気を招いてしまう危険性もあります。そこから思わぬトラブルの原因にもなりかねません。そのため、痛くなったら早急に外すべきだということを覚えておきましょう。せっかくつけたのにもったいないと躊躇してしまいそうですが、ほとんどのエクステサロンには保証期間があります。1週間以内であれば取り外しが可能な場合がほとんどなので、痛みがあればすぐにサロンに連絡するようにしましょう。また、この場合にはサロンを変えることもおすすめです。経験豊富なアイリストが在籍しているところなど、自分に合うサロンを見つけるといいでしょう。

自分の目を守るためにも

マツエクは女性の気分を上げてくれたり、自信を持たせてくれたりと心強い存在です。しかし、マツエクをして痛みが出る場合には、予期せぬトラブルにつながってしまう可能性があるので注意が必要です。痛みや違和感があるときには、自分の目を守るためにも放置せずにすぐにサロンに問い合わせるなどして対処するようにしましょう。