渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

目が小さいのがコンプレックス!少しでも目を大きく見せる方法

目の大きさは、顔全体の印象を決めるとても重要なポイントです。目を大きく見せるために、アイメイクや目元のケアに力を入れているという人も多いでしょう。そこで、小さい目を大きく見せるための方法について解説します。

小さい目をコンプレックスに感じる人は多い

目が小さく見える原因は、先天的な要素と後天的な要素があります。先天的な要素とは一重だったり、黒目が小さかったりなど、生まれつきの目の形によるものです。また、涙袋がある人とない人では、涙袋がない人の方が目が小さく見える傾向があります。後天的な要素としては、度がきつい眼鏡をかけている、疲れ目や血行不良によりまぶたが腫れぼったいなどの理由が挙げられます。先天的な要素を変えるのは困難ですが、後天的な要素は、正しく対処をすることで解消することも可能です。

目を大きく見せるための方法とは

一重まぶたを二重にしたり、意図的に涙袋を作ったりするのは大変ですが、今すぐにできる方法もあります。まずは、メガネが原因で目が小さく見えてしまう場合は、思いきってコンタクトに替えてみましょう。ワンデーやツーウィークなど、使い捨てタイプのコンタクトなら、手頃な価格で手に入ります。また、アイメイクの方法を見直してみるのもひとつの方法です。目を大きく見せるはずのメイクが、かえって目を小さく見せてしまっていたという場合もあります。カラコンやつけまつげを使ってみるのも、即効性のある方法です。ひとくちにカラコンと言っても、インパクトのあるサークルレンズからビジネスシーンで使えるほどナチュラルなデザインまで、さまざまな種類があります。その日のファッションやメイクに合わせて、カラコンの色や直径を変えてみるのも良いでしょう。

目を大きく見せるために!メイクのポイントが知りたい

アイメイクは、目元の印象を左右する重要なポイントです。たとえば、アイラインやアイシャドウをぐるりと囲む、いわゆる「囲み目メイク」は、目を小さく見せてしまいます。また、太すぎるアイラインは二重の幅を狭くしてしまうだけでなく、厚化粧な印象を持たせてしまうので注意しましょう。アイラインを引くときは、まずペンシルライナーやジェルライナーで、まつげの間を埋めるようにインラインを引きます。さらに、目尻側のラインを長めに引くことで、効果的に目を大きく見せることができます。ナチュラルに目元に立体感を与えるには、ブラウンのアイシャドウが最適です。ただし、単色をベタ塗りするだけでは、目を大きく見せることはできません。量や濃淡を調節して、まぶたに陰影をつけましょう。複数の色を使ってグラデーションを作るときは、濃い色から薄い色の順番で塗っていきます。最初にまつげのキワに濃い色を塗り、上から被せるようにして薄い色を重ねていくことにより、色の境目をぼかしながら自然なグラデーションが作れます。仕上げに、涙袋にハイライトをのせて強調しましょう。パールホワイトやベージュなど、明るく肌なじみの良い色を塗ります。涙袋のすぐ下に、ブラウンのアイシャドウやアイブロウなどで影をつけると、より立体感が生まれます。

アイメイクで目元の印象は変わる!

目が小さいことがコンプレックスという人でも、アイメイク次第で目元の印象はがらりと変わります。しかし、メイクで一時的に目を大きく見せられたとしても、すっぴんになると元に戻ってしまうのが難点です。メイクを落としてもぱっちりした目でいたい人には、マツエクをするという方法もあります。ダイヤモンドラッシュならWEB予約ができるので、初めてサロンを利用する人も気軽に利用できるのが特徴です。万が一マツエクが取れてしまっても、無料でお直しができる仕上がり保証0円サービスがあります。施術後7日以内に1/3以上外れてしまった場合施術前のカウンセリングで、自分の目に合ったデザインを提案してもらえるので、マツエク初心者でも安心です。