渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

まつげカールにも種類がある?最適な方法を選ぼう

まつげをカールさせるには、さまざまな方法があります。理想的な目元に近づくには、もともとも目の形やなりたい雰囲気に合わせて、カールの形や角度を選ぶことが重要です。そこで、まつげをカールさせる方法や、カールの種類について説明します。

ナチュラル派におすすめ!まつげパーマ

まつげパーマとは、ビューラーやマスカラを使わなくても長時間カールを保つことができる方法です。まつげを上向きにすることでナチュラルに目元をぱっちりさせることができます。メイクを落としたり、顔を洗ったりしてもカールをキープできるので、ビューラーが苦手な人でも思い通りのアイメイクが楽しめるでしょう。すっぴんになっても目元が浮きにくいのもメリットです。まつげパーマにはロッドタイプとビューラータイプの2種類があります。ロッドタイプとは専用のロッドにまつげを1本1本巻きつけ、パーマをかける方法です。カールの角度を細かく調節できるため、よりナチュラルに仕上がります。ビューラータイプは、専用のビューラーでまつげにくせを付けて、パーマをかける方法です。まつげの根元からぐっと引き上げられるため、ぱっちりとした印象の目元になります。ただし、まつげが折れたようなあとがつきやすいので、失敗すると不自然な仕上がりになってしまいます。

ビューラーでも綺麗なカールは作れる?

まつげカールの方法は、まつげパーマだけではありません。セルフでも綺麗なカールを作ることはできます。最も手軽なのはビューラーを使った方法です。まつげを挟むタイプのビューラーでも、慣れれば簡単にカールを作ることは可能です。しかし、まつげが短い人や、まつげが細くて切れやすいタイプの人には使いにくい場合もあります。また、自分の目のカーブに合ったビューラーを使うことも、綺麗なカールを作るための重要なポイントです。できるだけカールを長持ちさせたい人は、ホットビューラーを使うと良いでしょう。ホットビューラーとは熱でまつげをカールさせるタイプのビューラーです。まつげの根元から毛先にかけてなぞるだけでまつげが上がるので、目の形やまつげの長さを選ばずに使えます。マスカラやトップコートと一緒に使うのが、カールを長持ちさせるコツです。ただし、まつげパーマほどの持続力はないので、時間が経つとまつげが下を向いてしまうケースもあります。

マツエクにもカールの種類はたくさんある

まつげパーマやビューラーのほかに、マツエクを使ってまつげをカールさせるという方法もあります。ナチュラルなカールからぱっちりとしたカールまで、さまざまな種類のエクステから自分好みのカールを選べるのがマツエクの特徴です。できるだけナチュラルに見せたい人に最適なのがJカールです。比較的緩やかなカールなので、マツエク初心者でも気軽にチャレンジできます。CカールはJカールよりもきつめのカールで、目元が華やかな印象になる形です。まつげ全体につけるだけでなく、黒目の上や目尻へピンポイントに装着することで、目の縦幅や横幅を大きく見せる効果も期待できます。CCカールはCカールよりもさらにきつめのカールです。お人形さんのような目元に仕上がるので、すっぴんでも目元を強調したい人や、アイメイクにポイントを置きたい人に適しています。

くるっと綺麗なカールで印象的な眼差しに

まつげをカールさせるには、プロに依頼したりセルフで仕上げたり、さまざまな方法があります。目の形やメイクのスタイルなどを考慮しながら、自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。ダイヤモンドラッシュならWEB予約ができるので、マツエク初心者でも気軽に利用できます。また、施術前のカウンセリングで仕上がりをシミュレーションしながら自分に合ったデザインを決められるので、初めてマツエクをつける人も安心です。万が一、施術直後にマツエクが取れてしまっても、無料でお直しができます。