渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

マツエクするとメガネはかけられない?対策方法はある?

目元を華やかに演出する手段として、女性に高い人気を集めている「マツエク」。ただ、視力が悪い人がマツエクをするとなると、「メガネをかけられるのか」という疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。ここでは、マツエクをした状態でメガネをかけられるものなのか、また対策方法にはどのようなものがあるのかについて解説します。

マツエクはメガネにあたってしまうものなの?

実際のところ、マツエクをするとメガネにあたってしまうことはあるのでしょうか。結論からいうと、長さによってはマツエクがメガネにあたってしまう可能性は「充分にあり得る」といえます。地まつげよりも長いエクステを装着するとなると、メガネをかけた際、レンズの内側にエクステがあたってしまうリスクが高まるのです。そのため、マツエクをするとメガネをかけづらくなったり、装着時に違和感を覚えたりする可能性があります。

マツエクにメガネがあたるのはNG!

なかには、「マツエクがメガネにあたっても気にならない」という人もいるかもしれません。しかし、マツエクがメガネにあたってしまうのは、できる限り避けたほうが良いといわれています。なぜなら、マツエクの施術直後は接着剤がまだ乾ききっていない可能性があるためです。接着剤が乾いていない状態でマツエクがメガネにあたってしまうと、その衝撃でエクステがずれてしまったり、取れてしまったりする原因につながります。
また、接着剤が乾いた後であっても、毛先がレンズにあたるのがくり返されれば、マツエクが取れてしまうリスクが高まります。さらに、マツエクがレンズにあたる感触が不快に感じたり、エクステや地まつげに負担がかかる要因になったりするおそれもあるため、注意が必要です。このような理由から、メガネにマツエクがあたらないよう、充分注意する必要があるのです。

メガネにあたらないマツエクのデザイン

メガネをかけている人がマツエクをする際に、重要なのが「メガネのレンズにあたらないデザインを選ぶ」という点です。レンズに接触する心配のないデザインを選べば、心置きなく目元のおしゃれを楽しめます。
デザインを選ぶ際にまず大切になるのが、目頭から黒目の上部にかけては「エクステを短めにする」ことです。エクステの長さを控えめにすると、レンズに毛先が触れるリスクを低減させられます。また、「短めにした部分はカールを強めにする」のもポイントです。エクステの長さを控えめにすると、なかにはデザインがシンプルで物足りないと感じる人もいるかもしれません。しかし、短めにした部分のカールを強めにすることで、ぐんと華やかな印象の目元に近づけます。それから、「目尻部分は長めにする」のも良いでしょう。目尻部分はレンズに毛があたりにくいため、やや長めのエクステをつけても安心なのです。

メガネの調整でも対応できる!

人によっては、マツエクのデザインを調整しても「メガネのレンズにあたりそう」というケースもあるでしょう。そのような場合は、「メガネの調整をする」という手があります。メガネのフレームを少し浮かせておくと、マツエクが当たらないように対策できるのです。普段かけているメガネが鼻パッド付きのものであれば、高さの調整をすることで対応可能です。メガネを購入したお店に調整を依頼すれば、スムーズに対応してもらえる可能性があるでしょう。一方、メガネが鼻パッド付きのものでない場合は、鼻パッドをつける加工を行うことで対応できます。

メガネをかけているなら相談すれば大丈夫!

普段からメガネをかけている場合は、デザインを決める段階でお店のスタッフとよく相談しておくのが肝心です。また、相談をする際は普段かけているメガネを持参すると、よりスムーズに自分に合うデザインを選びやすくなります。
1人1人に合うデザインを提案してくれる「ダイヤモンドラッシュ」なら、カウンセリングを徹底しているため、安心して施術を受けられるのが魅力です。カウンセリングでしっかり要望を伝えたうえで施術を受けると、理想とする目元にぐんと近づきやすくなるでしょう。