渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

初心者必見!マツエクに必要な知識まとめ

初心者がマツエクをするなら、マツエクのメリットやデメリットなど、最低限必要な知識をチェックしておくことが必要です。そこで、マツエク初心者のために、まずはマツエクとはどういうものなのかについて解説します。

そもそもマツエクって何?

マツエクとはまつげエクステンションの略で、まつげエクステとも呼びます。人工のまつげを専用の接着剤(グルー)で地まつげに装着していく技術です。地まつげの毛根から1~1.5mmほどの部分にグルーをつけ、エクステを1本1本丁寧に装着します。一度装着すれば2~3週間は外れず、顔を洗っても落ちません。つけまつげやマスカラよりも自然なボリュームや長さが出るため、10~70代まで、幅広い年齢層に利用されています。

初心者が知るべきマツエクをするメリット・デメリット

マツエクをするとメイクの時短になったり、濃いメイクをしなくても目力が出るなどのメリットがあります。汗や水に強いため、マスカラのように落ちてしまう心配がないのもポイントです。さらに、好きなカールや本数を選べるため、自分好みのボリュームに仕上げることができます。ただし、メリットがある一方で、デメリットがあるのも事実です。マツエクはタオルやコットンに引っかかりやすく、擦ったり引っ張ったりすると、地まつげごとエクステが抜けてしまうおそれがあります。また、マツエク用のグルーはオイルクレンジングに弱く、アイメイクを落とす際はオイルタイプのクレンジング剤は使えません。そのため、クレンジングに手間取ることもあるでしょう。また、きれいな状態を維持するためには、定期的にメンテナンスをする必要があります。こまめにエクステを足したり付け替えたりしなくてはならないため、リペア代がかかります。なお、人によっては接着剤のアレルギーで目が沁みたり、かゆみが出たりすることがあるため、注意が必要です。

マツエクの種類にはどんなものがある?

マツエクに使われるエクステには、毛質やカールの形、長さなど、さまざまな種類のものがあります。毛質にはシルクやミンクなどがありますが、本物の動物の毛を使っているわけではありません。カールの種類にはJカール、Cカール、CCカールなどがあり、JカールよりもCカール、CカールよりもCCカールのほうがカールが強いです。太さは0.1~0.2mm、長さは6~14mmまで選べます。装着できる本数は両目で80~200本ほどです。

サロンで施術を受けるための流れ

サロンでマツエクの施術をする際は、まずはお店に入店予約を入れましょう。あらかじめアイメイクを落とした状態で、予約した日時にお店へ行きます。カウンセリングシートにその日の肌の調子や希望するデザインなどを記入した後、スタッフから自分に合ったエクステのデザインや種類についてカウンセリングを受けます。口頭で説明するだけでなく、エクステの仮付けやシミュレーターを使うため、仕上がりを具体的にイメージできるでしょう。また、アレルギー体質の人は事前にパッチテストを受ける必要があります。デザインが決まったら、いよいよ施術です。エクステを装着した後は仕上がりを確認し、アフターケアについての説明を受けます。その後、会計を終えたら完了です。

マツエクがしたいならダイヤモンドラッシュで!

マツエクができるサロンは、個人経営のサロンから美容院まで、さまざまな店舗があります。特に初心者の人は、どこを利用するのがベストなのか迷ってしまうこともあるでしょう。ダイヤモンドラッシュなら、電話だけでなくWEBでも予約がとれるので、電話では緊張してしまうという人も手軽に予約ができます。さらに、仕上がり保証サービスもあるので、万が一マツエクが取れてしまったり、デザインが崩れてしまったりした場合も安心です。まずはダイヤモンドラッシュの公式サイトから、近くの店舗を探してみましょう。