渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

自分に起こったらショック!マツエクで失敗しないためには?

まつげを美しく見せるマツエクは、時々失敗することがあるのを知っていますか。きれいなまつげになるのを期待していたのに、失敗してしまったら残念です。ここでは、マツエクに失敗したときの対処法について解説します。マツエクに失敗した人はもちろん、これからマツエクをしてみたいという人も要チェックです。

マツエクの失敗例とは

マツエクの失敗にはいくつかのパターンがあります。まず、つけたマツエクがすぐに取れてしまうというものです。これは、マツエクの失敗のなかで最も多い例です。通常、マツエクはつけたら2週間~3週間は持つはずですが、つけた当日に取れてしまうという場合は、サロンの技術不足の可能性があります。また、まつげには毛周期というものがあり、マツエクをつけるときには、ふさわしいまつげを選ばなければなりません。不適切なまつげにマツエクをつけてしまうと、すぐに取れてしまったり、施術を受けた数日後にまつげの向きがバラバラになってしまったりすることがあります。このような技術力の低いサロンでの施術を繰り返して受けていると、地まつげが傷む原因にもなるので注意が必要です。

そのほかの失敗例として、イメージと違う仕上がりになってしまうというものがあります。この失敗の原因は2種類考えられます。1つ目は、イメージを適切に伝えたのにもかかわらず、サロンの技術力不足で違う仕上がりになってしまう場合。2つ目は、サロンにイメージを適切に伝えることができなかった場合です。このような例はクレームを入れづらく、泣き寝入りすることも多いケースだと言えます。

マツエクで失敗したときの対処法

マツエクに失敗したときには、いくつかの対処方法があります。まつげがイメージと異なる仕上がりになったり、まつげの向きがバラバラになったりした場合は、思い切ってエクステオフをしたほうがよいでしょう。エクステオフとは、つけていたマツエクをすべて取り除くことです。ただし、自分でマツエクを取ろうとするとまぶたや眼球を傷つけるおそれがあるので、必ずサロンに行ってエクステオフをしてもらうようにしてください。エクステオフをしたうえでアフターケアを入念に行うと、さらに効果的です。具体的には、ビューラーやオイルクレンジングの使用を控える、まつげが水で濡れたらティッシュで拭き取り、ドライヤーの冷風で乾かすなどのケアがあります。このようなアフターケアは、マツエクを長持ちさせるだけではなく、地まつげの負担を減らす効果もあります。

オーダーを間違えないために!知っておきたい知識

マツエクがイメージ通りに仕上がらなかったという場合は、きちんとイメージを伝えられなかったことが原因かもしれません。そのような失敗を防ぐために、マツエクの基本的な知識を覚えておきましょう。まず、まつげのカールには3つの種類があります。Jカール・Cカール・Dカールの3つです。サロンによって呼び方が異なることがありますが、基本的には、カールが最も軽く毛先が少しカーブしている程度なのがJカール、それよりもカールが強いのがCカール、さらにカールが強いのがDカールです。また、まつげの太さも0.1 mmから0.2mmまであります。このような基本的な知識をおさえたうえで、サロンと相談しながらデザインをオーダーするようにしましょう。

マツエクの失敗を回避するにはサロン選びが鍵

マツエクの失敗の多くは、サロンの技術不足が原因です。失敗しないためには、上質なサロンを選ぶことが重要になります。ダイヤモンドラッシュの施術者は、全員が美容師免許を取得しています。それだけにとどまらず、ダイヤモンドラッシュではさらに技術にこだわり、ほかのサロンに比べて短時間できれいにマツエクを仕上げることが可能です。また、カウンセリングもしっかり行っており、イメージ通りのまつげを実現させることができます。マツエクをするなら、技術力とカウンセリング力の高いダイヤモンドラッシュに1度予約してみてはどうでしょうか。