渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

まつげパーマとマツエクならどちら?それぞれの特徴を徹底解説

まつげパーマ、まつげエクステ(以下、マツエク)は、どちらもメイクの一部という扱いですっかり女性のおしゃれとして主流となりました。今回は、まつげパーマとマツエクにおける、それぞれの特徴やメリット・デメリットなどについて解説します。

まつげパーマのメリットとデメリット

まつげパーマのメリットは、お手入れが簡単という点です。マツエクやつけまつげは人工のまつげなので油に弱く、オイルフリーのクレンジング剤しか使用できません。しかし、まつげパーマは、オイルフリー以外にもオイルクレイジングの使用も大丈夫なため、普段通りのメイク落としが可能です。また、パーマを長持ちさせるために専用美容液の使用は必要ですが、それ以外のアフターケアはいりません。そして、パーマをあてると水や湿気に強くなるので、アイメイクが落ちにくくなります。このようにお手入れが楽なのがまつげパーマの特徴です。

そして、パーマをかけることにより、地のまつげ自体が上がることもメリットです。まつげ全体を均等にカールするので、きれいで目元がパッチリとする仕上がりになります。料金が比較的安上がりなのもメリットに挙げられます。まつげパーマの持続期間は3週間~1カ月半ほどです。長持ちするため、サロンに通う手間がかからず、その結果、お金もかかりません。

デメリットは、理想のデザインがつくりにくいという点です。マツエクやつけまつげと違い、自分のまつげは毛の多さが決まっているため、まつげが少なかったり短かったりする人は、思うようなデザインをつくるのは難しいといえます。特にまつげが短い人は、まつげパーマをかけて目をぱっちりとした印象にさせることは難しいでしょう。そして、パーマをかけ続けると、まつげが傷んでしまうという点もデメリットです。髪の毛にパーマをあてるとダメージを与えるように、まつげもパーマの頻度が多くなれば、それだけまつげが痛んでしまいます。

マツエクのメリットとデメリット

マツエクは、装着するだけで華やかな印象を与える効果があります。そのため、普段より入念に化粧する必要がなく、朝の化粧時間を短縮できるのがメリットです。また、装着すれば目元がぱっちりするので、アイライナーでラインを引く手間がはぶけます。そして、マツエクは自分の顔や目、好みに合わせて自由にカスタマイズできる点が魅力です。自分の希望通りのまつげが実現します。

デメリットは、エクステの扱いに気をつかうという点です。マツエクは定期的なリペアが必要であり、その分費用もかかります。また、マツエク装着時は通常のクレンジング使用はNGで、オイルフリーのクレンジングしか使用できません。そして、エクステは、自のまつげに装着しているため、自まつげに多少の負担がかかります。マツエクをする際は、自分のまつげの長さにあったマツエクを装着して、なるべく自まつげに負担をかけないようにすることが大切です。

まつげパーマとマツエクを選ぶポイント

まつげパーマとマツエクは、どちらにもメリット・デメリットがあり、「自分にとってどちらが合っているか」について、よく考えてから実行にうつしたほうがいいでしょう。まつげの量が多くて手間も費用もかからない場合は、まつげパーマがおすすめです。また、下向きまつげ、逆さまつげで悩んでいる人も、まつげパーマをあてることによって悩みは解消されます。

まつげの量が少ないので、「理想のふさふさまつげにしたい」「自分の思い描いたデザインのまつげにしてみたい」という人は、マツエクが向いているといえるでしょう。

目的に合わせてパーマかエクステかを選ぼう

まつげに手を加えるだけで、人の顔の印象はがらりと変わります。まつげによって目元がぱっちりすれば、明るい華やかなイメージを見る人に与えることが可能です。その変化を実現させるのが、まつげパーマとマツエクです。どちらにも良い点があるので、どちらにするかは自分の目的によって選択しましょう。