渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

おすすめのマツエクってどんなもの?マツエクのポイントを紹介

女性にとってメイクの大きなポイントの一つがまつげでしょう。しかし、フサフサのまつげには憧れるものの、毎日メイクするとなると時間や手間がかかりますし、メイクオフも大変なものです。つけまつげは、手軽さがメリットですが不自然になりがち。そんな中で、おすすめなのがまつげエクステです。マツエクならナチュラルでボリュームあるまつげをキープできます。マツエクがおすすめの理由や、デザインについて解説します。

なぜマツエクがおすすめなの?

マツエクがおすすめな理由はいくつかありますが、まず何より仕上がりが自然なことです。まつげをナチュラルにボリュームアップできるためすっぴんでもメリハリある表情になりますし、まつげに悩みのある方も自信がつきます。また、一度マツエクをすると定期的なケアを継続する必要はありますが、ボリュームアップした状態は数週間ほど持続可能です。ビューラーを使ったりマスカラ下地やマスカラを使ったりするといった工程が不要になるため、毎日のメイクの時間が短縮できて楽になります。

さらに、マツエクなら素材、カールの形、毛の本数などを選んで自分の好きな印象のデザインにすることができます。ナチュラル、セクシーなどいろいろな印象作りができるので、アイリストに相談しながら自分に似合うまつげの形を見つけましょう。

おすすめのマツエクの特徴は?

日本のサロンで一般的に使われているマツエクの素材には、シルクエクステ、ミンクエクステ、セーブルエクステの3つがあります。実際にシルクやミンクが使われているわけではなく、それらの素材感に近い人工毛です。それぞれの毛質によって、仕上がりの印象が違ってきます。最もリーズナブルなのがシルクエクステで、弾力があり固い素材です。そのためカールの持ちがよく、仕上がりにはツヤ感もあります。

ミンクエクステはシルクよりも柔らかく、マット感のある素材です。ふさふさとしたボリュームあるゴージャスなまつげになります。ナチュラル感が一番あるのはセーブルエクステです。地まつげに最も近い素材で柔らかく、よくなじむため見た目も装着感も自然な印象になります。「どんなまつげに仕上げたいのか」を自分でイメージしておくことで、素材を選びやすく失敗もなくなります。もちろん、そのときどきの予算も含めてベストなチョイスをしましょう。

マツエクはセルフよりもサロンでの施術がおすすめ!

通常マツエクはサロンでプロのアイリストにより施術してもらいますが、低コストで行えるセルフマツエクもよく話題になっています。ネットショップなどでセルフマツエクのキットや道具が販売されているため気軽に挑戦できますし、リーズナブルにマツエクができるため人気を集めています。

ただし、マツエクはまつげの1本1本に人工毛を接着剤で貼っていくという繊細で技術のいる施術です。器用で地道な作業が得意な人なら自分でできるかもしれません。しかし、地まつげを傷める可能性が高いばかりでなく、眼球のすぐ近くなので何かとトラブルも絶えないのも事実です。

そもそもアイリストとしてサロンで施術を行うためには、国家資格である美容師免許が必要です。美容師免許を取ってもマツエクの技術はまた別に取得しなければならず、なかなかハードルの高い職業なのです。安全にきれいなマツエクを装着するには、やはり信頼の置けるサロンで専門家に施術してもらうことを強くおすすめします。

希望のスタイルに合わせたマツエクデザインにしよう

初めてマツエクに挑戦する人は、特に自分にとって理想のまつげの形や印象が「どんなものか」というイメージがはっきりしていないことも多いでしょう。せっかくサロンに行ってアイリストの施術を受けても、仕上がってしまってから思っていたのと違う結果になるのは残念なことです。漠然としたものであっても「どんな印象にしたいのか」をアイリストには可能な限り伝えておくようにしましょう。例えば、学校や職場で浮かないようナチュラルに、ゴージャスでセクシーなイメージにしたいという希望。逆に、こういうのは嫌だということなど、漠然としているようでも大まかな希望は必ずあるはずです。

マツエクのデザインはエクステの素材、本数、太さ、長さ、カールの種類や、まつげのどの位置にどのくらいエクステを装着するかということで決まってきます。サロンによってはデザインの写真なども用意されているので参考にしながら、アイリストとしっかり相談して好みのデザインを決めていきましょう。