渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

マツエクの施術はすっぴんOK?施術のポイントと対処法

まつげエクステへ行くときに、その日のファッションはどんなものが良いのか考えてしまう人、案外多いのではないでしょうか。そして、施術するときのメイクは「すっぴんが良いのか」「バッチリメイクでも大丈夫なのか」について迷う人もいるでしょう。今回は、施術をする前の準備や施術後のケア、施術する際すっぴんでも問題ないのかなど、まつげエクステに関する疑問を解説します。

施術前の準備や施術中のポイント

まつげエクステへ初めて行くことになった際、意外とわからないのが事前の準備です。「どんな服装で行くのがいいのか」「まつげのデザインなど事前に調べた方がいいのか」など、いろいろとわからないことがたくさんあります。特に「メイクをしても施術に差し支えないのか」が心配になる人もいるでしょう。また、「アイラインなどがエクステの接着剤の邪魔にならないか」など気になってしまうかもしれません。

まつげエクステの施術をする前に必要な準備はシンプルです。時に、メイクをしないで来て欲しいというサロンもあります。しかし、基本的にはアイメイクをしていても大丈夫です。まつげエクステは地まつげにエクステンションをつけるものなので問題はありません。むしろ、普段のメイクにエクステがどのようになじむのか見えるので、メイクをしていた方がすぐに効果が見られるというメリットがあります。

他にも、睡眠をきっちりととって、体調を整えて施術に向かうことも大切です。睡眠不足や、体調が悪いときに施術を行って目元がかぶれたという話もよく聞きます。さらに、施術中に心地よくて寝ている人もいるでしょう。誰にも気付かれずに、おとなしく寝ている分には問題ないですが、なかには大きないびきをかいていたり、体を動かしてしまい美容師さんを困らせたりする人もいるほどです。施術する日が決まったら、体調を万全に整えておくと間違いありません。

最後に、コンタクトレンズをしている人は外してから施術しましょう。まつげエクステは目を閉じて施術をします。ハードコンタクトをしている場合はズレやすく、美容師さんが不意にまぶたに手を置くようなことがあると、瞳を傷つける可能性があります。ソフトコンタクトはまつげエクステの接着剤と相性が悪く、コンタクトを溶かしてしまう成分が入っています。美容師さんが万が一ミスを起こしてしまった場合、事故になることもあるので十分注意しましょう。

施術後に気をつけること

次に、まつげエクステの施術後に気をつけるポイントを見てみましょう。まず、施術を行ったらすぐに顔を濡らさないことです。接着したところがまだ安定していないので、濡らしてしまうとせっかくつけたエクステが取れてしまう原因になります。同じく、目をこすることも厳禁です。エクステが取れる原因になるだけでなく、丁寧に接着されていたはずのエクステがずれてしまったまま固定されることもあるので要注意です。

さらに、こちらは長持ちさせるコツにもなりますが、寝るときはできるだけ仰向けで寝るようにするとエクステに負荷がかかりません。横向きで寝る癖のある人が、「片方の目のエクステだけが先に取れてしまった!」ということはよく聞く話です。できるだけまつげに触れないような体勢で寝るように意識をすると、まつげエクステが長持ちします。

もう一つ、クレンジングオイルを使用する際は、できるだけオイルの少ないものを選びましょう。まつげエクステの接着剤は油分に弱い性質を持っています。しっかりメイクを落としたいからと、クレンジングオイルをたっぷり使ってゴシゴシ目元をこすってしまうと、せっかくのエクステがすぐにダメになってしまいます。美しい目元を長く保つためにも、施術後のケアも忘れないでおきましょう。

マツエクはすっぴんでも大丈夫?

まつげエクステをする際、長さや太さ、量などメニューの選択肢がいろいろとあって、自分にとって何が一番ふさわしいか迷う人は多いでしょう。派手な見た目でイメージチェンジをしたいなら別ですが、初めはあまり盛りすぎず、本数は少なめのメニューから試してみることをおすすめします。初めてまつげエクステをしてみたものの、「メイクをがんばりすぎている」と周りから思われてしまうのは少し恥ずかしいものです。控えめなところから始めると、自然と美しい目元に見えるでしょう。太さも、地まつげと同じくらいにすれば、すっぴんでも外出できるほどの見た目になり、目元はまるでナチュラルメイクを施したようなります。

ポイントを押さえて施術を受けよう

まつげエクステの施術をする際に気をつけるポイントをいくつか紹介しましたが、気負うことは何もありません。アイメイクをすることや体調を整えることなど、「普段の生活と特別に変わったことをする必要がない」ということがわかってもらえたのではないでしょうか。ただし、トラブルを回避するため、コンタクトは忘れずに外しておきましょう。ぜひ施術をリラックスして楽しんで、まつげエクステのある生活を満喫してください。