渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

マツエク施術後のお風呂はOK?いつから入ってもいいの?

マツエクはグルーで地まつ毛につけるため、グルーが乾いていないうちは取れやすい状態です。施術直後はなるべくそっとしておきたいものですが、お湯が顔にかかりやすいお風呂は入っても大丈夫なのでしょうか。今回は、施術直後のお風呂の入り方について説明していきます。

マツエク施術後のお風呂は5時間経ってから!

マツエクを装着しているグルーは高温多湿に弱いという特徴があります。特に、施術後5時間以内はグルーが半乾きの状態なので気をつけなければいけません。そのため、施術当日にお風呂に入るのであれば、施術後5時間以上経って完全にグルーが乾いてからにしましょう。例えば、仕事帰りに施術をする場合は、翌日の朝にシャワーを浴びるようにした方が安心です。顔を濡らさないように対策をしてもお風呂には湿気が大量にあるので、どうしても取れやすくなってしまうのです。可能なら休みの日の早めの時間にサロンに行ったり、サロンに行く前にシャワーを浴びたりしてみてください。また、お風呂だけでなくプールや汗をかくような運動も避けましょう。

熱いシャワーって気持ちいい!でも待って!顔にかけるのはNGです

熱いシャワーを顔に直接かけると気持ちが良いものですが、マツエクをつけたらやってはいけません。まず、グルーは熱に弱いので、熱いお湯がかかると溶けて劣化してしまいます。また、シャワーの勢いと水分でマツエクが取れたり乱れたりする恐れがあります。顔を洗うときにはぬるま湯を両手にすくって優しく洗いましょう。メイクをしている場合は、クレンジングも意識します。オイルが含まれているクレンジングはよく落ちるので人気の高いタイプですが、グルーは油分にも弱いので使用してはいけません。オイルクレンジングのほか、クリームやミルクタイプのクレンジングにも油分が含まれているので注意しましょう。それから、アイメイクをコットンでオフする人は少なくありませんが、コットンの繊維がマツエクに絡まり取れてしまう可能性があります。まぶたは指で、目の際など細かい部分やマスカラをつけたまつ毛は綿棒で優しくオフしてください。

マツエクを長持ちさせる入浴のコツは?

マツエク施術後の入浴は、体が温まったらサッと出るのが長持ちさせるコツです。グルーが苦手な高温多湿の環境に長時間いることは避けましょう。マツエクを長持ちさせたいなら、半身浴や長すぎる入浴をしてはいけません。半身浴や長時間の入浴は湿気の影響を受けるだけでなく、汗もかきやすくなるからです。また、入浴中は目をいじらないように気をつけてください。洗顔するときは洗顔料をよく泡立ててから顔にのせ、優しく包み込むとマツエクに刺激を与えにくくなります。洗顔のときに必要以上に目をこすらなくてもいいように、クレンジングを丁寧に行っておくことも大切です。それから、長時間のサウナもNGです。高温多湿の環境ですし、汗をかくのでマツエクが取れやすくなってしまいます。

お風呂上りのケアも大切です!

お風呂から上がったら髪の毛だけでなく、マツエクもしっかり乾かしましょう。顔を拭くときはタオルでゴシゴシしないように意識します。タオルの繊維がまつ毛にこすりつけられて、取れてしまう可能性があるからです。顔を包み込むように優しく水分を吸い取ります。ちなみに、マツエクの水分を繊維のないティッシュで吸い取る方法もあります。水分を取るだけではマツエクは完全に乾いていません。髪の毛を乾かすときに、マツエクも一緒に乾かします。このとき、冷風で乾かすとグルーが長持ちします。まつ毛の下から上に向かって風を当てるのがきれいに乾かすコツです。ただし、ドライヤーが近すぎると風圧でマツエクがばらばらになることがあるので、20~30cmくらいは離して当てましょう。目を開けながらドライヤーを当てると乾燥してしまうので注意してください。

お風呂の入り方を意識すればマツエクが長持ちします!

マツエクをつけたらお風呂の入り方を意識すると長持ちします。まず、施術当日は5時間以上経ってからお風呂に入ること忘れてはいけません。当日以降も、入浴時間や刺激に気をつけてください。また、お風呂から上がった後のケアもしっかり行うことが大切です。これらを意識して、できるだけ長くマツエクを楽しみましょう。