渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

マツエクを装着するのにかかる時間は?一般的な施術の流れ

マツエクを試してみたいけれど、「初めてだと所要時間や施術の流れがわからず不安」という人も少なくないでしょう。マツエクサロンはたくさんあります。ここでは、マツエクの施術に「どのくらいの時間がかかるのか」「どのように装着されるのか」など一般的な所要時間と施術の流れについてご紹介いたします。

マツエクの施術にかかる所要時間は?

マツエクの施術にかかる時間の目安は、施術を担当するアイリストや施術本数によっても変わってきますが、おおよそ1時間~1時間半程度です。一般的には、100本のマツエクを着けるのに1時間かかるといわれていますが、施術の早いアイリストだと、1時間に140~160本ほど着けられることもあります。また、施術前にはカウンセリングや準備などの時間が必要です。マツエクが初めての人は、カウンセリングに時間がかかる可能性があります。場合によっては、来店から会計までの所要時間が2時間近くかかることもあります。さらに、ほとんどのマツエクサロンが事前予約制です。予約をしていないと施術が受けられなかったり、長時間待たされたりする可能性があるので、行きたいサロンが見つかったら、まずは事前に予約をしましょう。

マツエクの施術の流れ1.施術前のカウンセリング

マツエクサロンで最初に行われるのがカウンセリングです。カウンセリング内容はデザインやその日の体調、アレルギーの有無などのヒアリングで、10~30分ほどかかります。初めてマツエクを受けるときは、カウンセリングが長くなります。マツエクはデリケートな目元部分に施すため、結膜炎やものもらいなど目の病気がある場合は施術ができません。あわせてまつ毛の量や長さ、クセなども確認します。まつ毛や目元の悩みがある人は、カウンセリングの際に相談してみてください。マツエクにはさまざまなデザインのバリエーションがあります。毛の種類やカールの種類も選ぶことができます。初めての場合は、自分の目にどのようなエクステンションをしたら良いかわからないかもしれません。しかし、希望のイメージに仕上がるように、担当者から皮膚や毛質、目の形、骨格、まつ毛角度に合わせた提案がされます。エクステの仮付けをしてくれたり、シミュレーターがあるサロンもあるので、仕上がりのイメージがしづらい場合は、それらを使用してみるのも良いでしょう。敏感肌やアレルギー体質の人は、事前にパッチテストを行うことをおすすめします。

マツエクの施術の流れ2.施術前の処理

マツエクを装着する前に行われるのが前処理です。まずは、マツエクの付きを良くするために、まつ毛の皮脂やホコリを取っていきます。目の下には保護テープ(アイパッチ)を貼ります。これは、目元を保護と施術の際に見えやすくするためです。以前のエクステが付いている場合はすべて取り外します。マスカラなどが付いていると時間がかかってしまう場合があるので、マツエクをする際はマスカラや目の周りのお化粧はしないでおきましょう。

マツエクの施術の流れ3.施術から終了まで

前処理が終わったら、マツエク装着です。カウンセリングの際に決めたデザインに沿う、最適な素材のエクステンションが選ばれます。1本の地まつ毛に1本のエクステンションを、地まつ毛の根元から一定間隔をあけて装着していきます。装着の際に使われるのは、グルーというマツエク専用の接着剤です。施術時間は、装着する本数が少なければ数十分程度ですが、本数が多くなると1時間以上かかる場合があります。また、下まつ毛も装着する場合はさらに時間が必要です。マツエク装着後は、装着部分のグルーを乾燥させます。「乾燥後に仕上げ」「仕上がりのチェック」「マツエクのケア方法」の説明などがあり、終了となります。

時間に余裕を持ってマツエクの施術を受けよう!

マツエクは、装着の施術時間のほかにカウンセリングや前処理、乾燥、事後説明などの時間もかかります。施術後にメイクをしたり、髪をセットし直す場合はさらに時間が必要です。装着本数や下まつ毛をする場合など、内容によっても所要時間が変わってきます。マツエクをする際は、時間に余裕を持って受けるようにしましょう。