渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

マツエクをキレイに長持ちさせたい!洗顔で気をつけることは?

マツエクには目元を魅力的にできる、アイメイクが楽になるなど、さまざまなメリットがあります。そして、マツエクをキレイな状態で長持ちさせるためには、洗顔方法に気をつけることが大切です。そこで、マツエク後の洗顔方法や気をつけるポイントなどについて説明します。

施術後の洗顔は6時間以上あけることが基本!

マツエクの施術後は、洗顔をするまでに6時間以上あけることが基本です。これは、「グル―」と呼ばれるマツエクの接着剤が、マツエクの施術直後はまだ半乾きの状態であるためです。グルーが半乾きの状態で洗顔をすると、マツエクをつけた位置がずれてしまったり、マツエクが取れてしまったりする恐れがあります。そのため、もし就寝前までには顔を洗いたいという場合は、夕方や夜にマツエクの施術を受けることは避け、朝や昼といった時間帯を選びましょう。6時間も待てないという場合は、拭き取りシートを使ってメイクを落とす方法や、施術前に洗顔をしてしまう方法もあります。拭き取りシートを使う場合は、マツエクに触らないように目の周りを避けて拭くことが大切です。また、グルーが完全に乾くまでには、24時間ほどかかるといわれています。このときに目元に水がかかったり、汗を大量にかいたりするとマツエクの持ちが悪くなる可能性があります。そのため、マツエクの施術を行った日は拭き取りシートでメイクだけ落とし、お風呂やシャワーは控えるといった人も見られます。

クレンジングや洗顔フォームはオイルフリーのものを選んで!

マツエクの施術直後はもちろん、マツエクをつけている間は、オイルが入ったクレンジング剤や洗顔フォームは避けることが大切です。これは、マツエクの接着に使うグルーが油分に弱いことが理由です。特にクレンジング剤にはオイルが入っているタイプが多く見られるため、水性タイプのリキッドやジェル、ローションなどから選ぶと良いでしょう。また、目の周りのアイメイクを落とそうとして、ゴシゴシ洗ってしまうとマツエクが取れやすくなりますし、折れ曲がってしまうこともあります。アイメイクを落とすときは、指でそっと洗うようにしましょう。洗顔フォームを使う場合も同様で、ゴシゴシ洗いは禁物です。洗顔フォームをしっかり泡立てて、ていねいにやさしく洗いましょう。もし、目尻などに指で落とすことができない細かいメイクや汚れが残っている場合は、洗顔とは別に綿棒を使ってやさしく落とす方法があります。

ぬれたままはNG!洗顔後はドライヤーでしっかり乾かそう!

マツエクをぬれたままの状態にしておくと持ちが悪くなるため、洗顔後のケアも大切です。洗顔が終わったら、タオルを使ってマツエクについた水分を押さえるように、ていねいに吸い取ります。このとき、タオルの繊維がマツエクに絡まないように注意しましょう。タオルを使うとどうしてもマツエクに絡まってしまうという場合は、ティッシュを使って水分を吸収する方法もあります。水分をしっかり取り除いたら、次にドライヤーの冷風をマツエクにあてて乾かしましょう。マツエクの下から上に向かって、風が抜けるように乾かすことがポイントです。風を強めにあてるとマツエクの流れがバラバラになるなど、キレイに保つことが難しくなるため、ドライヤーを目元から少し遠ざけて、弱めの風をやさしくあてるようにしましょう。また、乾かした後にまつげ美容液を塗ることも、マツエクの持ちを良くするコツです。まつげ美容液には、自然に生えている「地まつげ」が抜けるのを防ぐ、マツエクを汚れから守るといった効果が期待できます。まつげ美容液を使うことで、目元やマツエクをより良い状態に保てるでしょう。

マツエクの持ちは洗顔次第!ていねいに洗って長持ちさせて

マツエクを接着するグルーには、油分や湿気に弱いという特徴があります。そのため、クレンジングや洗顔フォームをオイルフリーのものにする、マツエクをぬれたままにしないといったことが大切です。また、マツエクが取れたり、折れ曲がったりしないように、目の周りは特にやさしく洗うように気をつけましょう。このように、マツエクを良い状態で長持ちさせられるかどうかは、洗顔の方法によって大きく変わります。マツエクをキレイな状態で長く保つためにも、これらのポイントを守りながら洗顔を行ってみてはいかがでしょうか。