渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

マツエクで腫れぼったい一重をぱっちり目に!一重に似合うデザインは?

一重まぶたの場合、まぶたが厚く腫れぼったい印象になりがちです。一重でもぱっちりした目にする方法には、マツエクがあります。目を大きく見せるために、マツエクの施術を考えている人も多いでしょう。この記事では、一重に似合うマツエクのデザインについて紹介します。

まずは一重まぶたの特徴を知っておこう

一重まぶたは、上まぶたが厚く、まぶたが覆いかぶさっているように見えるのが特徴です。人によっては目が細く見えたり、眠そうに見えたりする場合があります。目の形が気に入らず、悩んでいる一重の人もいるでしょう。また、一重ではまぶたの重みによってまつ毛が下向きに生えている傾向があります。ビューラーでまつ毛を上向きにしても、すぐに下がってしまう可能性が高いです。まつ毛の根元がまぶたに埋まりやすいため、マツエクをつける際に工夫が必要になるでしょう。ただ長いだけのマツエクを選んでしまうと、まつ毛がそのまま下向きに伸びてしまうので、目を大きく見せる効果が低いです。一重まぶたでは目の形が切れ長であるケースが多く、知的でクールな印象を与えやすいといわれています。しかし、マツエクを行えばぱっちりと可愛い目にすることが可能です。マツエクの効果を発揮させるため、一重の特徴に合わせたマツエクの種類を選びましょう。

一重に似合うマツエクのカールの種類は?

一重まぶたは、まぶたの重みでまつ毛が下向きになりがちです。長いだけのマツエクをつけてしまうと、ぱっちりした目元にならない可能性があります。そのため、強めのカールがかかったLカールやJカールがおすすめです。接着面が広く、一重でもまつ毛のカールを強調しやすくなります。接着面が広く取れにくいのがJカールで、Lカールは毛先だけカールがかかっている種類です。Jカールはカールがゆるやかなので、優しくナチュラルな印象に仕上げたいときに使用するとよいでしょう。一重の場合、マツエクの長さは地まつ毛よりも1~2mm長い種類を選ぶと、カールがうまく出やすくなります。自分の目の形やサイズに合った種類を選ぶのが大切なポイントです。

マツエクの細さはどのくらいがちょうどいい?

一重まぶたにマツエクをつける際は、細めのマツエクをつけるのがおすすめです。一重の場合、まつ毛が下がり気味なため、太いマツエクをつけると重みで下がりやすくなってしまいます。ハリのある毛質のマツエクも重くなりがちです。やわらかく、細くて軽い毛質のマツエクを選ぶとよいでしょう。なるべくまつ毛が上を向くようにつけると、しっかりとカールがかかった印象を与えられます。また、細めのマツエクにすると、まつ毛にかかる負担が減るため、本数を増やすことが可能です。マツエクの本数を増やせば、さらにはっきりとした目元になるでしょう。また、まつ毛が生えている向きの違いで、似合うマツエクのデザインは異なります。そのためアイリストとよく相談し、自分に似合うデザインのマツエクを選ぶとよいでしょう。

マツエクをすれば一重でもぱっちり可愛い目になる!

厚ぼったく、ぱっちりとした大きな目になりにくいイメージがある一重ですが、マツエクをすれば印象的な目元にすることが可能です。まつ毛のボリュームや長さを工夫すれば、丸みをおびた可愛い目にできます。一重の場合はまぶたが重くまつ毛が下向きに生えているケースが多いので、適切なカールの種類を選びましょう。まつ毛のカールを強調させたい場合はLカール、自然な印象に仕上げたい場合はJカールがおすすめです。細めのマツエクを多めにつけるのも、印象的な目元にするためのポイントになります。まつ毛の生え方や本数は人によって異なるため、個人に合わせた調整が必要です。しかし、専門的な知識と技術を持ったアイリストに相談すれば、自分の希望する目元を演出できます。一重に悩んでいる人は、マツエクでぱっちりとした可愛い目に仕上げるとよいでしょう。