渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

念願のマツエク!長持ちさせるためのメイク落とし・目元クレンジングの方法

マツエクをした目元は、クレンジング方法に注意が必要なことを知っていますか?クレンジングの方法を間違うと、マツエクがとれやすくなる原因になります。そうなるとマツエクの寿命が大幅に縮まり、すぐにオフやリペアをしなければならない事態になってしまいます。せっかくならマツエクに合ったクレンジングでマツエクを長持ちさせたいですよね。今回はマツエクの正しいクレンジング方法について紹介します。

マツエクはクレンジングオイルNG

マツエクの接着剤であるグルーには油分が含まれているため、マツエクは油分に弱いという特徴があります。そのため、マツエクをした目元にクレンジングオイルを使用すると、グルーが溶けてマツエクがとれてしまう恐れがあります。マツエク後のメイクオフでは、クレンジングオイルの使用を控えましょう。

もちろん、クレンジングオイルを一度使ったからといってマツエクが一気に取れてしまうわけではありません。しかし、目元にクレンジングオイルを使い続けているとグルーの接着力がどんどん弱まっていき、しだいにマツエクが抜けていってしまいます。接着力が弱まるとマツエクの向きがバラバラになり、目の中に入って傷をつけることもあります。オイルクレンジングはメイクを落としやすいため便利ですが、マツエクをしたらオイル以外のクレンジング剤で丁寧にメイクをオフするようにしてください。

マツエクにはオイルフリーのクレンジング剤がマスト

マツエクの持ちをよくするために、目元にはオイルフリーのクレンジング剤を使用するようにしましょう。そして、オイルフリーのクレンジング剤を使うときも、目元はあまりこすらないよう丁寧にメイクをオフすることが大切です。

最近ではマツエク専用のオイルフリーのクレンジング剤も販売されているため、そのような商品を選ぶと安心です。もちろん、マツエク専用のクレンジング剤でなくても、オイルフリーであればマツエク後の目元に使うことができます。薄いメイクのときは、オイルフリーの水性ジェルのクレンジング剤を使うのがおすすめです。また、濃いメイクのときはリキッドクレンジングを使用しても構いませんが、必ずオイルフリーであることを確認したうえで使用するようにしてください。濃いメイクのオフに向いているリキッドクレンジング剤には油分が含まれているものが多いため、注意が必要です。

クリームタイプやミルクタイプにも注意が必要

マツエクをしている目元のクレンジングにオイルタイプは絶対NGですが、ほかにも使用を控えたほうがいいクレンジング剤があります。それは、クリームタイプやミルクタイプです。これらのクレンジング剤にはオイルタイプと比べると少量ですが、油分が含まれています。そのため、マツエクの持ちをよくするためにはクリームタイプやミルクタイプのクレンジング剤の使用も避けたほうが無難です。一見、クリームタイプやミルクタイプには油分が含まれていないように思えますが、それは誤った認識です。マツエクの目元にクリームタイプやミルクタイプのクレンジング剤を使用してしまう人は意外と多いため、気をつけましょう。また、クレンジング剤の成分にかかわらず、拭き取りタイプのクレンジングを行うときはコットンがマツエクに引っかからないよう注意する必要があります。いくらクレンジング剤の成分にこだわっても、目元を丁寧に扱わなければマツエクは傷んでしまいます。

マツエクをしたらより丁寧なクレンジングを心がけて

マツエクをした目元にはクレンジングオイルの使用を避け、これまで以上に丁寧にメイクをオフするよう心がけましょう。とくに目元に濃いアイライン引いたときは、目元をこすってマツエクが取れてしまわないように気をつけてください。マツエクをしているときのアイメイクは、ウォータープルーフタイプよりもお湯で簡単に落とせるタイプがおすすめです。油分が含まれているクレンジング剤しか手元にない場合は、妥協せず目元用にオイルフリーのクレンジング剤を購入してください。オイルタイプのクレンジング剤はマツエクをしていても、目元以外なら使ってもOKなので無駄にはなりませんよ。