渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

まつげパーマが失敗したかも!対処法が知りたい

まつ毛パーマは、メイクにかかる時間を短縮できる、ビューラーやマスカラでまつ毛を上げるよりもナチュラルなカールが作れるなどの理由からとても人気があります。ところが、必ずしも満足のいく仕上がりになるとは限らないことも事実です。この記事では、まつげパーマの失敗例と修正する方法を紹介します。

もしかして失敗?まつげパーマの失敗例をチェック

どの基準で、まつげパーマの失敗を判断するかは個人によって異なります。しかし、これから挙げる内容が当てはまる場合は、失敗だと判断してもいいでしょう。まつげパーマは顧客の希望に応じてカールの強さを調整しますが、理想のデザインに仕上がりにくいときは、失敗の可能性があります。また、まつげが切れて短くなった、縮れてしまってチリチリになったなど、まつげがひどいダメージを受けてしまった場合も失敗に該当するでしょう
まつげそのものには問題がなくてもまぶたが赤く腫れてしまったなど、施術によって体調に異変が現れた場合は、さらに注意が必要です。まつげパーマの施術には国家資格を有している必要がありますが、中には国家資格を持たない違法サロンも営業していることがあります。このようなケースでは失敗も多くなるため、事前に調査しておくことが大切です。

まつげパーマはデメリットが多い?

まつげパーマには数々のメリットがある反面、デメリットもあります。まつげパーマは薬品を使用してまつげの形状を記憶させるため、失敗するとかけなおしができません。仕上がりを見てから微調整ができないため、一発勝負という側面もあります。パーマに使用する薬品は、髪への使用においてもダメージが懸念されますが、まつげではより顕著にダメージが現れることがあります。人によっては、まつげがボロボロになってしまう可能性も否定できません。
また、目元という非常にデリケートなパーツに薬品を使用するため、新しく生えるまつげが細くなる場合もあります。薬品が合わず、脱毛症になる危険性も無視できません。必ずしもそうなるとは限りませんが、そのような可能性もあるということを頭の片隅に入れておきましょう。

まつげパーマが失敗してしまった時の対処法

やり直しが難しいといわれるまつげパーマですが、失敗したとしても適切に対処することで修正もできます。再度、薬剤を使用してパーマを落とし、かけなおす方法が一般的です。修正したいときは、最初にまつげパーマをかけたサロンに連絡し、相談しましょう。
サロンで仕上がりを見たときは問題ないと感じたけれど、時間がたったらイメージと違っていたという場合は、なるべく早めに修正を依頼する必要があります。1週間以内であれば無料で対応してくれる場合が多いのですが、期間が空きすぎると料金が発生する可能性があるためです。一度失敗したサロンは信用できないという場合は、違うサロンに相談するのもいいでしょう。しかし、この場合は料金が発生することになります。サロンにもよりますが、2000円程度で直してもらえるケースが多いでしょう。

まつげパーマをセルフでしたいけど!失敗が心配

まつげパーマはセルフでも施術が可能です。費用を抑えたいなどの理由から、挑戦してみたいという人もいるでしょう。インターネットで探してみると、まつげパーマキットが販売されています。しかし、これは雑貨として販売されているものであり、健康面での保障はありません。あくまでも自己責任での使用が前提となります。
セルフまつげパーマは、まつげメイクをしていない状態でビューラーを当て、専用のロッドを固定します。パーマ液を塗り、指定の時間を置いたら拭き取って完成です。10回ほど使用できて3000円程度の製品が多いため、サロンよりは安くあがるでしょう。しかし、ロッドの巻き方によってはまつげに余計なくせがついてしまいます。また、時間を厳守しないとまつげが傷むという問題も否めません。言うまでもなく、パーマ液が目に入ると危険であり、失敗するリスクも高いのでお店での施術が理想です。

まつげパーマの失敗が不安な人にはマツエクがおすすめ

まつげパーマは非常に便利ではありますが、施術においてはデメリットを受け入れることも必要になります。施術の性質上、100%の成功率は望めないのが実情です。しかし、マツエクならまつげパーマのデメリットを避けつつ目元をぱっちりと見せることが可能になります。まつげパーマの失敗が怖い人はマツエクをするのがおすすめです。自分に合う方法で、理想的なまつげを手に入れましょう。