渋谷・新宿・表参道・恵比寿・府中・立川のアイゾーン専門サロン |
Diamond Lash - ダイヤモンドラッシュ -

カールを作らない!セクシーでかわいいすだれまつげがメイクの主役

すだれまつげとは、下向きに生えている日本人のまつげを利用したアイメイクのことです。このメイク方法には、まつげにかかる負担軽減やメイク持ちの良さなどメリットがあります。そこでこの記事では、すだれまつげとは何であるのかを解説するとともに、すだれまつげに適したメイク方法やメイクのポイントについても紹介します。

ナチュラルメイクにもぴったり!すだれまつげとは

外国人の中には元からカールしているタイプの人々もいるのに対し、日本人のまつげには元から下向きに生えているという特徴があります。まつげに限らず、世界の人たちと日本人とでは、暮らしや体型、肌の色などさまざまな違いがあることから、これは欠点というわけではなく性質の一つと捉えられるでしょう。日本人にとってまっすぐまつげが生えているのは当たり前のことですが、ビューラーを利用すればカールしたまつげを作ることができます。しかし、あえてビューラーでカールさせず下向きのままの状態のまつげのことをすだれまつげといいます。

すだれまつげメイクを選ぶメリット

まつげがカールしていると目が大きく見えるという魅力がありますが、すだれまつげにはカールしたまつげにはない魅力があります。まず、ビューラーを使用しないためまつげにかかる負担を大幅に軽減することができます。まつげは皮膚の浅いところに毛根があるため、非常にデリケートで抜けやすいです。そのため、ビューラーを使用してカールをくせづけようとすると、まつげは大きなダメージを受けることになります。毛根が深刻なダメージを受けてしまった場合、まつげが生えてこなくなってしまう可能性があります。その点、すだれまつげはまつげに力を加えないので、ダメージからまつげを守れることがメリットです。
また、ビューラーを使ったメイクが苦手な人にとっても、すだれまつげは魅力的といえるでしょう。ビューラーを使うことに慣れていない人にとって、適度な力加減で均等にカールさせることは難しい技術になります。そのため、ビューラーを使わずメイクできるうえに、ナチュラルメイクに適しているすだれまつげは強い味方といえるでしょう。さらに、湿気でカールがとれる心配がないためメイクの持ちもよくなります。

すだれまつげメイクのポイントをご紹介

キレイなすだれまつげを作るにあたって、マスカラの選び方と塗り方に注意しなくてはなりません。すだれまつげに塗るマスカラは、華やかな目元を作り出すボリュームタイプよりも、まつげを細く長くする効果のあるロングタイプやセパレートタイプの方が向いています。また、マスカラを塗る前に、眉毛用のコームなどで一度とかしておくと、毛の流れが整うためマスカラの乗りがよくなるでしょう。毛の流れを整えたら、まつげの根元から毛先に向かってマスカラを塗り、さらに乾いてからもう一度ダマにならないようコームでとかして完了です。
そして、ヌケ感のある目元を作り出すためには、肌なじみのよいブラウンのアイラインを選ぶと良いでしょう。すだれまつげはナチュラルメイクに向いているので、濃いアイラインを引いてしまうと自然な美しさが損なわれてしまいます。すだれまつげが持つかわいさを引き立てるには、まつげの隙間を埋める程度のインラインで十分です。

ナチュラルな雰囲気が気分!すだれまつげでセクシーに

すだれまつげはナチュラルでありながら、物憂げでセクシーな雰囲気を作り出すことができます。その効果が最大に発揮されるのは伏し目をしたときであり、伏し目をすると目元がまつげで覆われるため大人びた印象を与えることができます。また、すだれまつげは一重の人や奥二重の人にも向いており、一重や奥二重の人がすだれまつげをすればアイラインを強調することができ、目元をくっきり見せられます。
そして、やはりすだれまつげの最大の魅力はまつげを傷めずに済むことでしょう。まつげを保護しつつ、ナチュラルでセクシーな目元を作ることができるすだれまつげに挑戦してみてはいかがでしょうか。